pigsuede

- エンジェルタッチと呼ばれる優しい手触りが特徴の革 -

ほとんどの原皮を輸入に頼っている牛革とは違い、原皮から製造・加工まで全てを日本で完全自給ができる、事実上唯一の皮革素材が豚革です。

ブタ革は繊維が緻密な為、牛革にくらべると固く丈夫になり、軽くする為にかなりの薄さまで、漉くことができます。

豚の体毛は皮膚の表面から肉面まで突き抜けているので、革に毛穴の痕が3個1組で残っており、その毛穴のお陰でより軽い革になり、更には通気性の良さに貢献しています。そして牛革よりも摩擦に対しての耐久性が強いという特性を誇ります。

その優れた特徴をもつブタ革の床面(革の裏側)をバフがけして細かく毛羽立たせる加工を施したのが、ピッグスウェードです。

日本のブタ革は世界的に見てもかなり良質で、イタリアやフランスの有名ブランドでも使われるくらい、海外での評価も高い革です。