deadly

- 使い込んだ味わいが楽しめる唯一無二の革 -

「吟擦り」と呼ばれる、牛革の表面に擦り傷加工と、ワックス加工を施す事により、ムラ感を出しワイルドに仕上げた素材です。

通常タンニン鞣しの革は、下地が出来てから約2〜3週間かけて革にオイルを浸透させる「加脂」作業を行うのですが、デットーリはその作業を2回行い、「二多脂」と呼ばれる製法で、約5~6週間かけてじっくりオイルを浸透させて作られます。

オイルをふんだんに含んでいる為、経年変化も非常に早くみられ、使い込むごとに革の色も深みを増し、美しい艶を生み出す唯一無二の存在へと変化を遂げます。